【お知らせ】大変お待たせして申し訳ございませんでした。自然菜園スクール2020のお申し込みはじまりました。

自然菜園スクール

の申し込み専用サイトです。

http://www.shizensaien.net

 

現在は、自然菜園2019です。

2020年度の募集中。

 

※1次募集〆切2/22(土)まで

 

 

 

 

 

 【概要】自然菜園スクール2020 

 

見学会

自然菜園見学コース【長野校】

「一見は百聞に如かず」自然観察を学ぶ

  

基本~応用

◆自然菜園ベーシックコース 【安曇野校】

基本野菜の育て方を学ぶ 月1回       

◆自然菜園マスターコース【安曇野校】

菜園プランから、基本~応用野菜まで学ぶ 月12回 

 

 総合

自然稲作ベーシックコース【長野校】

 実践から学ぶ草の生えない美味しいお米作り

自然育苗タネ採り集中コース【長野校】

7回の短縮版(参加したいとの声があり継続)

自然菜園 自給自足コース【長野校】

田んぼや畑に加えて果樹園など自然農法を集めたスペシャル自給農園コース。

自然菜園オリジナル+「自然育苗タネ採り集中コース」+「自然稲作ベーシックコース」+自然果樹+自然養鶏+ピザ窯ランチなど

 

関東エリア

自然稲作おおつき棚田コース【大月校】(半日)

無農薬で無化学肥料で、草の生えない稲作を大月の棚田で学ぶ

自然菜園入門コース【町田校】(1日)

 

午前:座学 午後:実習で年5回(さらにオプショナルツアーで長野見学会もあり)

当スクールでは、無農薬・無化学肥料で、

自然菜園で野菜はもちろん、雑穀、大豆、自然稲作で稲作を体験しながら学ぶことができます。

 

拙著『これならできる!自然菜園』(農文協)の発売を記念して、

2013年から、毎年バージョンアップしながら、より分かりやすく、初めての方から、自然農・自然農法を行ってきたベテランまで、各コースで基本から応用まで実習を通して実践的に学ぶことができます。

 

2018年は、菜園スクールの集大成とことん解説!タネから始める 無農薬「自然菜園」で育てる人気野菜(洋泉社)も仲間入り

 

四季を感じながら、1年間仲間と共に学ぶ7つのコースがあります。

2018年からは自然菜園入門コース(東京・大月校)も増設され、栽培がまったく初めての方でも、月一度通いながら体験学習することで、野菜の栽培の基本をマスターできるようになりました。

 コースは、3つの会場からお選びいただけます。

 

Ⅰ.長野校(更埴インターから車で30分の長野県長野市信更町にある4つのコース)

Ⅱ.安曇野校(安曇野インターから車で30分の長野県安曇野市三郷にある2つのコース)

Ⅲ.東京・大月校(東京町田と大月インターから車で25分の山梨県大月市にある自然菜園入門コース)

3つの会場でそれぞれコースから選んで学んでいただけます。

 

詳しい地図は各コースにお申し込みいただいてから、ご案内になります。

各コース、先着順になります。区画など定員があるものに関しては、オーバーの際にキャンセル待ちにはいります。

【よくあるお問い合わせ】

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 

Q.子ども連れ可能でしょうか参加費用はどうなりますか?

A. 可能です。中学生までは保護者同伴でお子様は無料参加できます。参加のルールとしては、参加前日までにお子様に「今度一緒にお野菜づくりの教室参加しようね。」などとお誘いいただき、お子様の同意を得てからご参加ください。急に黙って連れて来られますと、熱を出したり、騒いだり、泣いたりして講座どころではなくなりますので、お子様も一緒に参加できるようお声かけが大切になります。

また、通常の講座に+20,000円の【家族割】でご家族すべてがご参加いただけますので、パートナーやおじいちゃん、おばあちゃんとご一緒に参加していただければ集中して学ぶことができます。お申込みの際に、家族割とご記入ください。

今年からお手軽に始められる自然菜園・ベーシックコースが新設されました。こちらは月に1日からご参加いただけるライトな内容になっております。午前:講座を聴いて、午後:自 分の畑に専念できますのでお奨めです。

なお、お子様も含め参加者全員、事故やけが盗難は自己責任です。お子様の事故やけがは今のところござ

いませんが、熱中症対策や水分補給など充分準備をしてきてください。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Q. 複数の人数で参加したい場合は、どのようにお申込みすればいいでしょうか?

A. 年間通して参加される場合は、各自別々にお申込みください。単発参加の際は、代表者の方が希望日程を明記の上、ホームページからお申込みいただき、参加人数をご明記ください。

  なお、ご結婚されているご家族や、血縁関係でご家族の場合三代までは、通常の講座に+20,000の【家族割】でご家族すべてがご参加いただけます。途中からのお申し込みも可能ですが、【家族割】ご希望の際は、家族割希望とご明記の上、その方との関係を(夫・妻など)をご明記してお申し込みください。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Q. キャンセル待ちについて教えてください。

A. 各自然菜園コース(本科生)はご準備できる田畑の数に限りがございますので、ホームページからのお申込みの時点で定員に達した場合、キャンセル待ちとさせていただいております。

  なお、ご入金いただいた時点でお申込みが確定いたします。キャンセルが出た場合は、お申込み順に、キャンセル待ちの方にご入金のご案内をいたします。

  また、キャンセル待ちになった時点で、空いているコースや聴講生に変更し、キャンセル待ちもできますのでご相談させていただきます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Q.家族の途中参加は、どうしたらいいでしょうか?

A.そうですね。12回単発参加をお申込みいただき体験していただいてから、今後どれくらいご参加するかによって、回数が多い場合、途中からでもお得な+20,000円の【家族割】をお申込みいただきますといいかと思います。回数が少ない場合、参加したい会に毎回単発参加お申込みいただければと思います。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Q.自然菜園コースの本科生は菜園区画つきですが、月1の講座参加だけで大丈夫でしょうか?

A.そうですね。

ベーシックコースの本科生は、12㎡前後、ベーシック+コースの方は32㎡前後の実習用の菜園区画を使用しながら学ぶことができます。また、自然菜園の各コースの本科生は、開催日以外にもルールを守った上で、自分の好きな時にお世話や収穫を楽しむことができます。

 

本科生は、月に1度の講座の実習時間にお世話をしっかり行えば、維持・収穫ができますが

6~8月の梅雨から夏にかけての草が伸びる時期に、+月1回ほどお世話すると、さらに生育が良くなり、収量もよくなるので、お奨めです。

 

実際に自分の区画で栽培を体験すると、見聞きしたものと違い、多くのことが学べ、野菜を収穫し食べると感動と自信がつくようで、好評です。

 

人によっては、スクール開催日にしか参加できない方もおられるので、3月のオリエンテーションの際にご案内しますが、作付する野菜の種類をお世話が少なくてもよい野菜中心にすることが大切です。

 

なお、遠方の方は、月1でも開催日の前後いずれか安曇野地球宿さんに宿泊し、しっかりお世話と収穫の時間を取り、無理なく楽しくご参加いただいているようです。

 

お忙しい方は、今年新設した入門コースの本科生の菜園区画は半分なのでお奨めですし、無理せず菜園区画のない聴講生から始めるのもいいかと思います。

 

野菜はお世話した分だけ、収穫や味などが良くなりますが、当スクールでは現在の生活の中で、無理なく持続可能な自分らしいやり方で、菜園が維持、楽しめるよう、学べる場になっていただけたらと思っております。自然に野菜が育ち、美味しい野菜がある生活の学びの一歩になれば幸いです。

_____________________________________________

 Q. 宿泊送迎について教えてください?車がありません、どのように移動したらいいでしょうか?

A. 安曇野校の会場の近くに、農家民宿安曇野地球宿さんがございます。お手頃価格でアットホームに前泊、後泊ご利用いただけます。まずは、宿にご予約いただき、宿泊者のみ最寄りの駅から送迎がございますので、宿泊予約の際に、各自ご確認ください。なお、宿泊者の中で当スクールの参加者も数多く利用しますので、お車を持っている方がおればスクールへの移動や送迎などお互い協力してカーシェアリングしていただきたく思います。講座へのお問合せなどは、こちら

 

宿泊のみのお問合せ・宿泊予約について
農家民宿安曇野地球宿 http://chikyuyado.com/ 増田望三郎さん
399-8103 長野県安曇野市三郷小倉4028-1
メール:boetu@d6.dion.ne.jp  電話:080-5486-6111(夜は9時頃まで)

47組のコンパニオンプランツをご紹介
47組のコンパニオンプランツをご紹介

2016年3月、宝島社さんから、自然稲作や鶏など豊富にご紹介

1㎡でいろいろな野菜をリレー栽培をご紹介
1㎡でいろいろな野菜をリレー栽培をご紹介

2015年9月、学研パブリックさんから1㎡をテーマに発売させていただきました。

豊富なイラストと写真で分かりやすく解説
豊富なイラストと写真で分かりやすく解説

2014年6月、家の光協会さんから、3冊目の著書が発売されました。

自然菜園教室が一冊の本になりました
自然菜園教室が一冊の本になりました

2012年8月に2冊目の著書が農文協さんから発売になりました。

47組のコンパニオンプランツをご紹介
47組のコンパニオンプランツをご紹介

2012年3月、家の光協会さんから、初めての著書を発売させていただきました。